お問い合わせ03-3567-7778

TOP

事業内容

展覧会情報

作家紹介

美術品の評価

売却をお考えの方へ

減損会計制度導入による
美術品の時価評価

リンク

地図

Q&A

 〒104-0031 
 東京都中央区京橋2−6−16  
 東京美術商協同組合組合員 
 株式会社 林田画廊
 営業時間 10:30〜18:00  
 日曜・休日・第3土曜日定休
  03-3567-7778  
 Fax 03-3564-5826  
 E-mail:      
postmaster@hayashida-gallery.co.jp

 

  絵画の寸法

 絵画の世界では日本画・洋画とも絵の大きさを「号」で表します。
 デパートや画廊で売られている絵画のほとんどは、10号を基準とした1号当たりの値段を元に価格が決定しています。
 つまり、号あたり10万円(これは10号の作品の場合)の作家の8号の作品の場合・・・
 10万(1号当たり)×8号となり価格は80万円となります。
 10号を基準としてといっているのは、例えば、150号の作品の場合同じように単純計算するとものすごい金額になるため、
 10号のものよりも割安になります。また、小さいサイズの作品は割高になり、3号以下の作品はすべて3号として計算することが普通です。

《絵画基準寸法表》

   cm
号数
Figure
(肖像)
Paysage
(風景)
Marin
(海景)
   cm
号数
Figure
(肖像)
Paysage
(風景)
Marin
(海景)
0 17.9×13.9 17.9×11.8 17.9×10.0 20 72.7×60.6 72.7×53.0 72.7×50.0
1 22.1×16.6 22.1×13.9 22.1×11.8 25 80.3×65.2 80.3×60.6 80.3×53.0
S.M* 22.7×15.8 - - 30 90.9×72.7 90.9×65.2 90.9×60.6
2 24.0×19.0 24.0×16.1 24.0×13.9 40 100.0×80.3 100.0×72.7 100.0×65.2
3 27.3×22.0 27.3×19.0 27.3×16.1 50 116.7×90.9 116.7×80.3 116.7×72.7
4 33.4×24.3 33.4×21.2 33.4×19.1 60 130.3×97.0 130.3×89.4 130.3×80.3
5 35.0×27.3 35.0×24.3 35.0×22.1 80 145.5×112.1 145.5×97.0 145.5×89.4
6
(尺3幅)
40.9×31.8 40.9×27.3 40.9×24.3 100 162.1×130.3 162.1×112.1 162.1×97.0
8
(尺5幅)
45.5×37.9 45.5×33.3 45.5×27.3 120 193.9×130.3 193.9×112.1 193.9×97.0
10
(尺8幅)
53.0×45.5 53.0×40.9 53.0×33.3 150 227.3×181.8 227.3×162.1 227.3×145.4
12
(2尺幅)
60.6×50.0 60.6×45.5 60.6×40.9 200 259.1×193.9 259.1×181.8 259.1×162.1
15 65.2×53.0 65.2×50.0 65.2×45.5 300 290.9×218.2 290.9×197.0 290.9×181.8
*SMはサムホールの略


  *注目TOPIC
  近年、ダブルサムホール(WSM)というサイズの作品を多く見かけるようになりました。
 これはSMのパネルを単純に2枚つなげたものです。横構図の作品はパノラマ仕様になり風景画などに適し、
 縦構図の作品は短冊や掛軸の長物のような構成になるので草花(特に茎物)を描くのに適してます。
 長辺(約8号分)のわりに短辺がかなり短いので比較的扱い易く、また大きさの割りに、発表価格も4号計算が通常となってます。