お問い合わせ03-3567-7778

TOP

事業内容

展覧会情報

作家紹介

美術品の評価

売却をお考えの方へ

減損会計制度導入による
美術品の時価評価

リンク

地図

Q&A

 〒104-0031 
 東京都中央区京橋2−6−16  
 東京美術商協同組合組合員 
 株式会社 林田画廊
 営業時間 10:30〜18:00  
 日曜・休日・第3土曜日定休
  03-3567-7778  
 Fax 03-3564-5826  
 E-mail:      
postmaster@hayashida-gallery.co.jp

 

版画の種類と用語解説


版画の種類
・オリジナル版画 普通「版画」というとオリジナル版画を意味する。
1、作家が自画・自刻・自摺したもの。
2、作家が下絵を描き、作家の監修の下で、職人がその指示どおりに摺ったもの。「発注芸術」ともいわれる。
3、完成した作品の、1枚1枚を作家が容認したもの。
4、完成した作品の左下に限定番号を、右下に署名したもの。
・エスタンプ 本来、このエスタンプは、フランス語で「版画」という意味であったが、近年では「複製版画」を意味する。
・リプロダクション エスタンプは複製版画で、一応限定部数が限られて刷られているが、このリプロダクションは無制限に刷られている印刷物のこと。

・版画の技法とその種類
・凸版・・・・版の凸部に絵の具をつけ、それを刷りとる。
・木版 板目木版・・浮世絵に代表される技法で、木を縦に挽いた板に、凸版を彫る。
木口木版・・木を横に輪切りにして作った板に、凸版を刻む。
・リノカット リノリウム版を彫る。
・実物版 実物をそのまま版として使う。

・平版
・・・・水と油の反発作用を応用し、平面の油の部分にインクをつけ、それを刷りとる。
・リトグラフ 解き墨またはクレヨンで、研磨した石版石上あるいはジンク板・アルミ板に絵を描き、これを硝酸ゴム液で処理し、描いた部分のみ顔料がのるようにする。
・オフセット 亜鉛・アルミニウムなどに製版したものを1度ゴム版面に転写し、それを印刷する。
・コロタイプ ゼラチンと重クロム酸カリの混合物が、光によって水に不溶性となり、印刷インクののり方に変化が起こることを利用した。ガラス製版。

・凹版
・・・・版面にインクをつめ込み、凹版した部分のインクだけを拭き残し、エッチングプレスによる圧力で、凹部のインクを刷りとる。銅板
・ドライポイント 銅板・セルロイド版などに、鉛筆や金属針で彫る。
・エッチング 銅板の表面に防食剤を塗り、これに鉛筆などで絵を描き、その部分を酸で腐食製版する。一番古い間接的凹版、銅版画の代名詞として使われている。
・エングレーヴィング 銅板に、ビュランで彫る。
・メゾチント マニエル・ロワールが始めた製法で、ロッカーで銅板の版画全体に小さなささくれを作り、それを処理して製版する。
・アクアチント 原理はエッチングと同じだが、松脂の粉末などの防食剤を散布し製版する。
・シュガー・アクアチント リトグラフと間違えやすく、これは毛筆で描いたような効果をだすための技法で、砂糖とアラビアゴムを混ぜた液で、直接版上に毛筆で描く。

・孔版
・・・・型紙の切り穴の部分を通して、絵の具が刷り込まれる版形式。
・合羽版 耐久性のある丈夫な紙を切り抜いて版とする。沖縄の紅型と同じ手法。
・シルクスクリーン 厚紙の代わりに、絹を使い、必要な部分だけを残してあとは目をおおい製版する。写真製版。現代の「発注芸術」の花形として重宝がられている。
・謄写版 厚紙のロウを、鉛筆や薬品によって処理し、その孔部を通してインクを刷り込む。


                                           参考 東京美術青年会 編著  美術手帳