お問い合わせ03-3567-7778




TOP

事業内容
展覧会情報

作家紹介


美術品の評価

 売却をお考えの方へ

 減損会計制度導入による
 美術品の時価評価



京橋周辺のアートフェア


リンク

地図

Q&A

 〒104-0031 
 東京都中央区京橋2−6−16  
 東京美術商協同組合組合員 
 株式会社 林田画廊
 営業時間 10:30〜18:00  
 日曜・休日・第3土曜日定休
  03-3567-7778  
 Fax 03-3564-5826  
 E-mail:      
 postmaster@hayashida-gallery.co.jp

<鑑定評価>

   ≪鑑定≫

   鑑定とは、その作品の真贋確かめる事です。鑑定はそれぞれの作家ごとに専門の鑑定機関が設けられており、
    それ以外のものは鑑定書としての効力はありません。
    鑑定機関としては東京美術クラブの鑑定委員会や、各々の作家の鑑定委員、または遺族の方が行っている場合があります。
    これらの機関での鑑定は大抵の場合が鑑定料と鑑定書の発行料がかかります。この鑑定人による鑑定は、
    美術年鑑などの書籍に掲載されておりますので参考にしてください。
 
    ある程度経験を積んだ画商になるとおおよその判断は可能になりますが、売買時における信頼にはなりません。


    ≪評価≫

    評価とはその時の相場や作品の内容・状態から判断した時価の事です。
   時価額であるため当然の事ながら経済情勢や動向により左右されますので、絶対的なものではありません。
    当画廊では、売却をお考えの方はもとより、相続時における財産価値の評価も行っております。
   詳しくはe-mailまたはお電話でお問い合わせください。なお、お手持ちの作品の作家名作品内容
   大きさ制作年代鑑定書またはシールの有無などおわかりになる範囲で結構ですので
   お調べいただくとよりスムーズに評価額をお出しできます。
          e-mail  postmaster@hayashida-gallery.co.jp
           TEL   (03)-3567-7778   株)林田画廊  林田まで