お問い合わせ03-3567-7778




TOP

事業内容
展覧会情報

作家紹介


美術品の評価

 売却をお考えの方へ

 減損会計制度導入による
 美術品の時価評価



京橋周辺のアートフェア


リンク

地図

Q&A

 〒104-0031 
 東京都中央区京橋2−6−16  
 東京美術商協同組合組合員 
 株式会社 林田画廊
 営業時間 10:30〜18:00  
 日曜・休日・第3土曜日定休
  03-3567-7778  
 Fax 03-3564-5826  
 E-mail:      
 postmaster@hayashida-gallery.co.jp

減損会計制度導入による美術品の時価評価


200541日以降に開始する事業年度から、減損会計が強制導入されました。
これにより美術品等の資産も時価で評価し直し、より正確で透明な企業会計が求められています。


資産としての美術品は、マーケットアプローチという方法で評価されるのが普通です。
つまり同等の作品が、市場で実際に取引される価格をもって評価されるという事です。


当社では、長年培ってきた経験とノウハウより、実現可能価値としての時価(正味売却価格)を評価し、書面を作成させていただいております。

まずはお気軽にご相談くださいませ。



林田画廊 林田
中央区京橋2-6-16  03-3567-7778
postmaster@hayashida-gallery.co.jp